イヤホン

[たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW レビュー]快適な装着感、音質は微妙

スポンサーリンク


今回は衝動買いシリーズとして、「たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW」のレビューをさせていただきます。

通販サイトにて、ワイヤレスイヤホンを漁っていたところ、「たのしいかいしゃ」という怪しい(失礼)会社名を見つけ、衝動買いをしてしまいました。

不審に思う失礼なヒヨコ

調べてみたところ、株式会社たのしいかいしゃは、2009年創業の音響機器メーカーで、東京都福生市に本社を置いているようです。

「音楽を楽しむ♪」高音質で低価格!というコンセプトを掲げ、コストパフォーマンスに優れた製品を販売しています。

会社のホームページを覗いてみると、スピーカーとヘッドホンを合わせた商品、『JellyBelly』や『Birbie』ライセンスのイヤホンを販売していたりと、ユニークな製品が多い印象です。

ひよガジェ
ひよガジェ

今はワイヤレスイヤホンをメインに販売してるみたい。

スポンサーリンク

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW 概要

以下、スペック一覧です。

連続再生時間は、イヤホン単体6時間、ケース込みで36時間と、価格帯で見ても平均的です。

通信方式Bluetooth Ver5.0+EDR
対応コーデックSBC,AAC
最大連続再生時間イヤホン単体6時間 ケース込み36時間
充電時間1.5時間
充電端子USB-C
片耳再生可能
防水機能不明

防水性能について

説明書、ホームページで確認したところ、防水規格の記載は確認できませんでした。

スポーツやキッチン周り、入浴での使用は故障に繋がるため、控えましょう。

ひよガジェ
ひよガジェ

「高い防水性能が欲しい」という方は前回紹介したEarFun Free Miniがオススメ!

[EarFun Free mini レビュー]深みのある低音が売りのワイヤレスイヤホン
「EarFun Free Mini」は3,000円以下でありながら、音質、機能面共に充実したイヤホンです。イヤホン購入にあたって、どれを選べばいいかわからないという方や、サブイヤホンを探している、という方には必見です。

遅延・ホワイトノイズについて

Android 11 SBC接続での確認

アニメ、ドラマにてリップシンクのズレ(音ズレ)の確認をしましたが、没入感を妨げるような遅延はありませんでした。

無音時にうっすらとホワイトノイズが鳴っていますが、音楽再生時には気にならない程度のノイズなので、音楽鑑賞に支障をきたすことはありません。

ひよガジェ
ひよガジェ

ホワイトノイズとは、「サーッ」という砂嵐のような音のことを指すよ。

スポンサーリンク

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW 外観

化粧箱は、イヤホンカラーの白を基調とした、シンプルなパッケージ。

今回私はホワイトカラーを購入しましたが、TA-CI01TWには全4種のカラーバリエーションで販売されています。

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW イヤホンの筐体

cielo TA-CI01TWは今では珍しい物理ボタンを採用。

ボタン操作LR
電源を入れる左右同時に2秒長押し左右同時に2秒長押し
電源を切る5秒長押し5秒長押し
着信応答着信後に1回押す/再度押すと電話を切る着信後に1回押す/再度押すと電話を切る
着信拒否着信時に2秒長押し着信時に2秒長押し
曲送り・曲戻し2回早押しで曲戻り2回早押しで曲送り
音量のUP/DOWN音楽再生時2秒長押しで音量UP音楽再生時2秒長押しで音量DOWN

ボタンを押す感覚には少々慣れが必要ですが、タッチセンサーにありがちな、誤作動がないというメリットがあります。

安価で、タッチセンサーのない完全ワイヤレスイヤホンをお求めの方には、貴重な選択肢になりますね。

ひよガジェ
ひよガジェ

タッチセンサーだと、イヤホンを付け直す時に反応することがあるよね…

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW イヤホンの筐体

内側には充電用のマグネット。左右の認識がしやすいよう、大き目にL,Rロゴがプリントされています。

装着感は、耳穴で支えるというより、「耳全体で支える」感覚に近いです。

イヤホンと耳が一体化しているような装着感で、私の使用してきた5,000円以下のワイヤレスイヤホンの中では、トップクラスに快適です。

ケース込みの重さは44gとなっています。物で例えると、Mサイズの卵位の重さになりますね。

イヤホン単体の重さは4.5gと、特別な機能のないイヤホンとしては、少々重めとなっています。

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW ケース画像

ケース前面には、バッテリー残量の確認ができるインジケーターランプがあります。

バッテリー残量に合わせてランプが4段階点灯するため、視覚的に分かりやすい仕様です。

収納前、収納後の比較

ケース内部は充電用のマグネット、LRロゴのみのシンプルな設計。

イヤホンの筐体がツルツルとした質感のため、指先が乾燥している状態だと、若干取り出し辛いです。

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW ケース画像

背面にはUSB-Cポートを搭載しています。

ケースはしっとりとした質感で、指紋や皮脂汚れが付きにくくなっています。反面、汚れが付きやすい質感でもあるので、気になる方は色の濃いデザインのものを購入しましょう。

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW ケース画像

ケース底面には、技適マーク、バッテリーの仕様等が記載されています。

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW 付属品

付属品はいたってシンプル。

イヤーピースS,M,Lサイズが各1ペアずつ、USB-Cケーブル、取り扱い説明書が同梱されています。

ACアダプターは付属されていないため、必要な方は別途購入しましょう。

接続方法

ペアリング方法はいたって簡単です。

イヤホンをケースから取り出します。

設定→bluetoothの項目を開きます。

利用可能なデバイス欄に、イヤホン名が表示されるので、該当デバイスをタップ。

ペアに設定するか尋ねられるので、ペア設定をタップするとペアリングが完了します。

ひよガジェ
ひよガジェ

画像はAndroid端末のものだけど、iPhoneでも基本は同じだよ!

スポンサーリンク

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW 音質

cielo TA-CI01TWの音質の傾向は「低音の多いドンシャリ」。

前面からの音はぼやけやすいですが、定位感は悪くありません。音の広がりはなく、まとまって聞こえます。

以下、各音域のレビューとなります。

高音域

高音域について

高音域は、主にハイハットやシンバル、フルート、バイオリンといった高音を制御し、音のメリハリをもたらしてくれます。

高域はかなり抑えられていて、低音の中で埋もれている印象です。

フルートや高い女性ボーカルはザラついて聞こえてしまい、音源によっては割れてしまっています。

価格帯を考慮しても、高音域は厳しい評価をせざるを得ません。

中音域

中音域について

中音域は、ギターコード、ピアノコード、ボーカルといったサウンドの大部分を占めてるため、重要なポイントです。

ボーカルは比較的後ろで鳴っていますが、輪郭ははっきりしていて、高めな男性ボーカル、女性ボーカルと噛み合います。

伸びや艶やかさはありませんが、価格帯を考えると悪くはありません。ボーカルが主体なポップスにオススメです。

低音域

低音域について

低音域は、バスドラムやベースといった楽器を制御し、音の土台に関わる部分でもあります。

全音域の中で一番量が多いです。若干ぼやけていて、低い男性ボーカルだと、中低音域と混ざって聞こえがちです。

ドラムはモコモコと聞こえ、低い男性ボーカルは曇って聞こえます。キレ、深みのある低音が好きな方は注意が必要です。

たのしいかいしゃ cielo TA-CI01TW レビューまとめ

会社名に惹かれ、衝動買いしてしまった「cielo TA-CI01TW 」ですが、音質を求めている方にはオススメしにくい商品です。

快適な装着感、珍しい物理ボタン採用といった部分に魅力を見出せる人には、貴重な選択肢になるでしょう。

ひよガジェ
ひよガジェ

自分のニーズ(要求・需要・必要)を理解した上で購入しよう!

こんな人にオススメ!
  • タッチセンサーが苦手
  • 装着感重視
  • カラーにこだわりがある

以上、ひよガジェでした。お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました