ヘッドホンレビュー

[SENNHEISER HD25 LIGHT レビュー]濃密な音に脳が震える

スポンサーリンク

これからの時期、ヘッドホンは蒸れとの闘い。ひよガジェです。

最近になって、SENNHEISER HD25 LIGHTを購入させていただきました。

HD25といえば、1988年から30年以上愛され続けているロングセラーのモニターヘッドホン。現在では通常版の「HD25」、上位版の「HD25 Plus」、そして廉価版の「HD25 LIGHT」の3種類で展開されています。

私が今回購入したのは、廉価版の立ち位置のHD25 LIGHT。ドライバー自体は通常のHD25と変わらないため、その他の違いが気にならなければ、大変コストパフォーマンスに優れた製品になっています。

本記事では他HD25シリーズとの違いを含め、HD25 LIGHTの魅力、音質等詳しくレビューしていきます。

こんな人にオススメ!
・聴いていて楽しい音が好き
・軽い装着感のヘッドホンを探している
・蒸れにくいヘッドホンを探している
スポンサーリンク

SENNHEISER HD25 LIGHT 概要

HD25 LIGHTの化粧箱は黒と水色を基調とした爽やかでありながら、シックな雰囲気のあるデザイン。

ヘッドホン本体は、ゼンハイザーのブランドロゴが散りばめられた包装紙に覆われています。開封時に、「ハンバーガーでも包まれていそうだな」と思ったことは秘密です。

HD25 LIGHT 外観

包装紙を開くと、ヘッドホン本体がお目見え。第一印象としてはかなりチープな印象。見た目だけで言えば3,000円ほどで販売されていそうなデザインです。

ケーブル長は1.5mと、ポータブル用途には問題ありませんが、デスク環境での使用ですとケーブルの長さが少々心もとない印象を受けました。不安な方は別途、延長ケーブルを用意しておいた方がよいでしょう。

ポータブルでの使用にはこちらも併せてオススメです…!

HD25 LIGHT 装着感

HD25 LIGHTのイヤーパッドは耳を覆うのではなく、耳に乗せるオンイヤータイプ。オンイヤータイプは、夏場でも蒸れにくいという利点の反面、耳の痛みといった装着感に難を覚えやすい印象です。

例にもれず、HD25 LIGHTでもアルバムを一枚通して聴いていると、耳の上部に痛みを感じることがありました。

HD25 LIGHT 側圧の改善について


簡易的な処置ではありますが、ティッシュ箱等を使って挟み込むことにより、側圧をゆるめることができます。2,3日ほど経つと側圧が弱まり、耳の痛みもそれなりに改善されました。



YAXI ヤクシー forHD25 TypeB BLACK HD-25シリーズ対応 交換イヤーパッド ブラック HD25TB-BLK

また、少々値段は張りますが、社外製のイヤーパッドを使うことで、装着感が改善されます。同時に、音質も変わってしまう可能性があるため、その点を考慮したうえで購入することをオススメします。

ハウジング部分はプラスチックでサラサラとした質感。ヘッドバンドの繋ぎ目にはゼンハイザーのブランドロゴが刻まれています。

HD25 LIGHT ヘッドバンドの可動域

ヘッドバンド最小/最大に広げた場合

アジア人向けに設計された製品だと、「サイズが小さめで自分には合わない」といった悲しい出来事が起きがちですが、HD25 LIGHTはヘッドバンドの最小、最大の可動域が広いため安心です。

ヘッドバンド上部には支える為の固めのスポンジ。非常に簡素であまり役に立たない印象を受けましたが、負担のかからない程度に頭頂部をそっと包み込んでくれます。

HD25 LIGHT 重量

HD25 LIGHTはケーブルを含めて140gと非常に軽量。ヘッドホンを使用するにあたって頭頂部への負担を考慮する方もいるかと思いますが、HD25 LIGHTにおいてその心配は無用になります。

比較として手元にあったヘッドホン、ATH-AVA500を軽量したところ、こちらはケーブルを含めて320g。

ケーブルの長さやドライバーの大きさ等によって変わるため大まかな比較にはなりますが、HD25 LIGHTが非常に軽量であるという事実は変わらないでしょう。

プラグ部分はI字の金メッキ仕様。I字プラグは根元が曲がりやすく、断線の危険が伴うため、個人的に好きではないのですがHD25 LIGHTは根元部分がしっかりと補強されているため安心して使うことができます。

HD25 Light リケーブルについて

また、HD25シリーズはケーブルの着脱が可能となっているため、仮に断線したとしてもリケーブルをすることで再び使用することが可能になります。

HD25シリーズの中でHD25 LIGHTは唯一、両出しケーブルを採用しているため別途ケーブルを購入する際は、HD25 LIGHTに対応しているか確認したうえで購入しましょう。

HD25 LIGHTの付属品は製品の仕様書と3.5㎜→6.3㎜ジャックの2点のみ。

スポンサーリンク

HD25シリーズの違いについて

HD25 LIGHTはHD25シリーズの中では廉価版的な立ち位置で販売されています。基本的なスペックは変わらないものの、イヤーカップの可動域の違い、ヘッドバンドがシンプルになっていたりと機能面での違いが大きいようです。

特徴HD25 LIGHTHD25HD25 Plus
ケーブル交換
片側ケーブル×(両出し)
分離式ヘッドバンド×
回転式イヤーカップ×

HD25 LIGHTの使用にあたって、機能面で不便に感じたことはなかったため、「価格を少しでも抑えたい」また、「純粋にヘッドホンとして使えればいい」という方はHD25 LIGHTを購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

SENNHEISER HD25 LIGHT 批評

癖になる力強い音質

HD25 LIGHTは、ゼンハイザー特有のウォーム系サウンドを残しつつ、エネルギッシュな瑞々しい音を鳴らしてくれます。主張しすぎず深みのある低音域、まろやかで柔らかい中音域、控えめでありながら刺さらず伸びのある高音域と、ポテンシャルの高さからジャンルを問わずいい音で鳴らしてくれます。

何より、このチープな見た目からは考えられない力強い音質に思わず笑みがこぼれてしまいます。

首に掛けても圧迫しないサイズ感

HD25 LIGHTは小型のヘッドホンのため、首に掛けても圧迫することがありません。些細なことのように思えますが、首にかけておけるサイズ感というのは非常に便利です。

「作業の合間に音楽鑑賞をして、聴き終わったら首にかけておく」、という一連の動作がストレスなく行うことができます。

大型のヘッドホンを首に掛けておくと、どうしても圧迫感を感じてしまい、作業に集中しづらいため首に掛けても圧迫しないサイズ感といのはHD25 LIGHTの大きな魅力に感じます。

音の解像感はそれなり

HD25 LIGHTは明瞭感のあるクッキリとしたサウンドというより、暖かみのあるまろやかなサウンドです。フラット寄りの機器と聴き比べるとその違いは如実に表れます。

このため、人によってはぼやけた印象を受ける可能性があります。「解像感のあるモニターサウンドが好み」という方には留意すべきポイントになります。

SENNHEISER HD25 LIGHT レビューまとめ

本記事では「SENNHEISER HD25 LIGHT」についてレビューをさせていただきました。

こんな人にオススメ!
・聴いていて楽しい音が好き
・軽い装着感のヘッドホンを探している
・蒸れにくいヘッドホンを探している

本来であれば1万円を超えるヘッドホンで、おもちゃのような質感、最低限の付属品と不満に感じてしまうところですが、HD25 LIGHTにおいてはそのような不満は一切出てきませんでした。

HD25 LIGHTから紡ぎだされる濃密な音に、不満は全て吹き飛ばされてしまいました。むしろこのチープな見た目に愛着を覚えるほどです。

1つ難点があるとすれば、HD25 LIGHTを使用したのち、フラットな音質のもので視聴すると凄く味気ない音に聴こえてしまう点です。恐るべしHD25 LIGHT…


ゼンハイザー モニターヘッドホン密閉型 HD 25 LIGHT【国内正規品】 508664

以上、ひよガジェでした。お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました